TOPページ > 症状・事例 > 成長痛

成長痛

成長痛

成長期の痛みは、膝とかかとに多いです。
筋肉は骨についています。骨の成長に対して筋肉の伸びが追い付かないと、付着部で骨をひっぱり、痛みが出ます。そのため、筋肉を柔らかくしておくことが大切です。

喜多見協和整骨院の成長痛治療とは?

人間の体は必ず全身でバランスを取り合っています。
成長痛が出ている患部にだけ、飲み薬やシップ、電気治療をしても症状が改善することはほとんどありません。
身体の中心にある骨の中で、とくに骨盤・頭蓋骨・頸椎・腰椎のバランスを整え、症状が出ている部分の負担を取り除き、痛みを治します。

1.マッサージ治療・筋膜リリース治療

マッサージ治療・筋膜リリース治療収縮し、固まった筋肉を丁寧にもみほぐし、全身の筋膜を心地よく緩めていきます。

2.骨格調整

骨格調整骨盤や背骨に動きをつけていきながら、骨格バランスを整えていきます。
ゆっくりと力を加えて関節に動きをつけていくので、痛みはほとんどありません。

3.頭蓋骨調整

頭蓋骨調整頭蓋骨、頸椎にアプローチし、動きをつけて調整します。

関連サイト

喜多見協和整骨院スタッフブログ
狛江喜多見成城交通事故むち打ち治療.com
©2018 kyouwaseikotsuin